八幡浜市立真穴中学校のホームページへようこそ!

チーム真穴 

~明日へ向かう力を信じて~ 

八幡浜市立真穴中学校 

〒796-8053 愛媛県八幡浜市真網代戊162番地
TEL 0894-28-0410 FAX 0894-28-0433

旧ホームページ http://www.yawatahama.ed.jp/cms/maana-jh/

H30真穴中学校日記

夏の風と秋の風 羽根を広げトンボ舞う

〔8月14日(火)〕

 皆さん、穏やかなお盆をお過ごしでしょうか。台風が近づいていますが、今日まではなんとかいいお天気で過ごすことができました。明日は、どうやら雨の模様です。帰省された皆さんの車や姿が、真穴でもあちこちに見られ、久しぶりに各家庭で一緒に過ごす風景が、日本らしい自然なもので、なにか心がほっとします。

 学校も何事もなく、変わった様子はありません。昨晩は、真網代で盆踊りが開催され、多くの方々が集い、久しぶりの出会いに笑顔されている姿がありました。今日は穴井地区のミニ夜市と盆踊り、そして花火大会が催されます。子どもたちも楽しい時間を過ごすことができているようです。

 今日は、先ほど、久しぶりに避難道へ上がってみましたが、多くの雑草が生え、少し歩きにくい状況でした。お盆が明けると、第一の仕事は避難道の草刈りから始まりそうです。避難道から見る真穴の海の風景。そして、風に舞うトンボたち。夏の風と秋の風が入り交じり、季節の引き継ぎをしているようです。

 明日は、終戦記念日。皆さんも、どうか戦没者の皆さんに対する黙祷をお願いします。

 

静かな風が流れています

〔8月12日(日)〕

 今年もお盆がやってきました。真穴にも、静かで清らかな風が吹いています。海辺では、帰省されている方でしょうか、家族で磯遊びをされている姿が見られます。平穏な安らかな風景です。

 学校も、今年から閉庁日が設定され、13~15日は学校が閉鎖されるため、今週末と重なって大変静かです。家族での時間を本当に大切にしていただきたいと思います。そして、皆さん、よいお盆を過ごされますよう願っております。

 写真は、今日の真穴の様子です。本当にきれいな真穴の風景です。

男バレ初の合同チーム練習 いよいよスタートです!

〔8月10日(金)〕

 夏休みの前半が今日で終わりです。いよいよ折り返し地点。子どもたちにとったら、あ~あという感じかもしれません。でも、残り22日間もあると考えたら、今までできなかったことでも、もう一度はじめから!なんてことも可能です。気持ちを前向きに持って、22日間を活かしましょう。

 今日は、男子バレー部が新チーム初の合同練習を行いました。そうです。男子は、引き続き八代中との合同チームが組めそうです。互いが少人数というチーム編成であり、今までも助け合って来た学校ですから、きっとうまくいくはずです。八代中の皆さん、これからもどうかよろしくお願いしますね。女子も、お盆前最後の練習で汗を流しました。少し苦手な子も、日に日にうまくなっている様子がうかがえます。本当に継続は力なりです。

 真穴部の二人は、Yくんが絵画に取り組みました。丁寧な風景画が少しずつできています。本当にすごい絵です。Tくんは、理科室のうなぎ引っ越しを手伝ってくれました。小さい水槽から大きな水槽へ。うなぎもまた、一気に大きくなるでしょう。

 明日から部活動もしばらくお休みです。お盆は、家族団らんで楽しい時間を過ごして下さい。そして、お盆明けから、一気に運動会モードへ。そして、新人戦モードへ切り替えたいものです。

秋の風を感じ始めました

〔8月9日(木)〕

 昨晩は、いつもよりやや涼しさを感じた夜でしたが、今日も秋の風を少し感じています。太陽の下では、まだまだ暑いのですが、陰に入ると秋を思わせる風を感じます。お盆が目の前に迫ってきました。秋が近づいてきているんですね。

 今朝は、男女バレー部と真穴部の部活動がありました。今日の写真は、女子バレー部の練習風景です。フォーメーション作りに一生懸命取り組んでいる女子。元気に明るく取り組んでいる姿が印象的です。体育館の外には青い海と青い空が広がり、子どもたちを応援してくれています。

  午後は、5人の1・2年生が、夏休みの宿題を片手に集会室で学習をしていました。涼しい秋の風の中、和気藹々と学習に取り組む姿は、学校の夏の風景です。「宿題がやば~い。夏休みがあと1ヶ月伸びてほしい~!」なんて悲鳴が上がっていましたが、あと23日ありますから、計画的にがんばってね。

新チーム初の練習試合 それいけ!真穴

〔8月8日(水)〕

 今日は、まず、昨日の午後のニュースから。

 昨日は、女子バレー部が、3年生と新チームと保護者チームに分かれて、親睦+OG戦をしました。新チームにとったら初の練習試合。しかも、先輩の胸を借りての初試合。緊張の中で行われた試合でしたが、3年生を圧倒するプレーもたくさん見られ、「よし、いけるぞ!」というスタートを切ることが出来ました。保護者チームと3年生との試合は、真剣勝負。保護者チームが25-22で勝ちました。やっぱり、真穴の保護者の皆さんは、バレーボール経験者が多く、今も体に動きが身に付いておられ、3年生に劣らない動きですばらしいものでした。お母さん方を入れたソフトバレーボールでは、中学生は慣れていないので、柔らかいボールに悪戦苦闘。これもまた、珍プレーばかりで楽しい時間でしたよ。

 あらためて、3年生の保護者の皆様には、2年と4ヶ月の間、陰となり日向となりご支援いただいたことに対しまして厚くお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 今日の部活動は、男子バレーボール部は休み、女子バレーボール部は体育館で、そして、真穴部は技術室での活動でした。女バレは、毎日基礎練が続いています。男子も同じですが、とにかく今はあせらず、基礎を繰り返し巻き返し身に付けていくことを重視しています。ぎこちない動きも少しずつ少しずつ改善されていくはずです。大切なことは、決してあきらめないこと。自分とチームメイトを信じて、共にやり抜くことです。

 真穴部の二人は、Tくんはミサンガ作り、Yくんは秋のロボットコンテストへ向けて製作に取りかかっています。二人とも地道な活動ですが、がんばっていますよ。